食事で痩せる方法の紹介

食事の内容や摂取するタイミングでも様々な痩せる方法が存在しますので、
それらを紹介致します。

 

自分に合った痩せる方法を選んで実践してみてはいかがでしょうか?

食事で痩せる方法はこちら記事一覧

減量作用のある炭水化物を、GI値を基準に選り分けて摂る痩せる方法の事を「低炭水化物ダイエット」と呼びます。「低炭水化物ダイエットの基本」炭水化物には、肥満を招くものと招かないもの(減量作用があるもの)とが存在します。@ 肥満を招かないもの……適度に炭水化物を摂取したケース炭水化物を摂取すると、消化する途中でブドウ糖が作られ、これが血液に混ざり血糖値が上昇します。これに関して、膵臓から出るインシュリ...

豆乳ダイエットとは、豆乳を積極的に食べる痩せる方法です。豆乳は、サポニン、レシチンなどの健康サポート成分が入っていますし、低脂肪、低カロリー、良質たんぱくなど、非常に好条件の食べ物です。【健康飲料として話題の豆乳の効果】1日1杯の豆乳を飲み、それをご飯に置き換えるのが豆乳ダイエットの基本の痩せる方法です。食前に飲むとお腹が満たされるので、食事の分量を制御しやすくなります。豆乳は豆腐を製造する途中の...

黒酢ダイエットでは、黒酢を摂取してアルカリ体質を目指す痩せる方法です。アンチエイジング作用などが期待できます。【黒酢が含有するアミノ酸の効果】黒酢の効果には昔から注目されており、近年では九州・沖縄地方、中国地方の黒酢が特に注目を浴びています。黒酢は発酵・熟成に1年〜3年程度を要するため、その過程でたくさんのアミノ酸が含有されるようになります。そしてそのアミノ酸には、ダイエット作用があるのです。ちな...

コーヒーダイエットでは、1日5カップ程度のコーヒーを飲み、カフェインの作用を使って減量していきます。【カフェインの作用】カフェインにはダイエット作用がありますし、コーヒーが好きな方にはぴったりの痩せる方法だと思います。カフェインが身体の中に入ると、アドレナリンが発生し、身体の活動が活性化します。そしてこれが脂肪細胞にもアプローチして分解が促進され、血液の中に脂肪酸として排出されていきます。ただ、カ...

アミノ酸には、脂肪を燃やす作用があります。アミノ酸ダイエットで痩せる方法は、アミノ酸のその効果を活かします。【ダイエット作用のある5つのアミノ酸】食材に含有されているたんぱく質は、消化の途中でアミノ酸に分解され、さらにもう一度たんぱく質に変質され筋肉等になっていきます。人体を作るアミノ酸には20種あり、ダイエット作用が高いのはグルタミン、アルギニン、アラニン、プロリン、リジンの5種です。この内のア...

糖尿病食は、栄養の偏りがなく低カロリーである事で知られています。糖尿病食での痩せる方法では、その糖尿病食で減量を目指します。【糖尿病食の基本情報】糖尿病とは、インシュリンという名のホルモンが足りなくなり、細胞の働きが乱れている状態を指す疾患です。インシュリンは、膵臓から出て、食後の血糖値の上昇を抑えてくれます。そのインシュリンが足りなかったり、働かなかったりすると、ブドウ糖が血液に中に残存し、血糖...

ファスティングダイエットでは、ファスティングジュースを3日に渡り飲む事で痩せる方法では有名です。、毒素や有害物質を体から排除し、身体の調子を劇的に良くしていきます。【ファスティングジュースで断食をする】ファスティングとは、イコールで断食の事です。このダイエットでは、周囲の環境に少なからずある毒素と有害物質を回避していくことが可能です。半日〜3日普通の食事を止めて、ファスティングジュースだけで必要な...

脂肪:たんぱく質:炭水化物の割合を3:4:4にして肥満になりにくい体質にしていく痩せる方法の事を、ハリウッドダイエットと呼びます。【なぜ、ハリウッドダイエットと呼ぶのか】元は、十数年前米国の学者が考え出したゾーンダイエットというものです。このダイエット方法が、スポーツ選手にも取り入れられ、オリンピックで大成しました。そして、ハリウッド俳優・女優の健康トレーナーもこれを導入した事から、ハリウッドダイ...

発芽玄米ダイエットでは、発芽玄米を食生活の中心に据えます。玄米よりも脂肪燃焼作用のあるアミノ酸GABAがたくさん入っており、その上食べやすいです。【発芽玄米は玄米よりも美味しい】玄米を水に浸して、1mmほど発芽させたものが発芽玄米です。玄米を発芽させる事により休眠状態だった酵素が活性化し、成長に必須な栄養分が目覚め、玄米の状態よりも、各種成分量が増えます。さらに、発芽玄米は非常に美味しいです。発芽...

キムチ納豆ダイエットで使うキムチ納豆には、乳酸菌と納豆菌の相乗作用が期待できます。ハイパワーな痩せる方法メニューと言えるでしょう。【最高のダイエット食材であるキムチ】キムチと納豆は日本の健康食材として既に浸透しています。この2つの食材を混ぜたキムチ納豆の効果は当然絶大です。キムチと納豆には生きた菌が含まれていますが、発酵食品の内でもきちんと生きている菌が入っている食材は実は貴重です。生きた菌には、...

ヨーグルトに入っているカルシウムには、脂肪を分解する効果があります。ヨーグルトダイエットではその効果を有効活用する痩せる方法です。【ヨーグルトのダイエット作用】ヨーグルトには乳酸菌が入っており、乳酸菌には整腸効果があります。乳酸菌が腸の中の善玉菌の数を増加させて、腸内細菌の調和を保てるようになると、お通じが良くなり、お腹の中が常に綺麗になります。ヨーグルトを摂取すると体重と体脂肪率が低下するという...

ハチミツに入っているミネラル、ビタミン、そしてグルコン酸には体質を改善する作用があります。ハチミツダイエットでは、ハチミツのその性質を活かします。【グルコン酸とオリゴ糖は便秘に効く】ハチミツにはグルコン酸と呼ばれる有機酸が入っており、そのおかげで高い抗菌・殺菌効果を期待できます。有機酸の内で腸の中のビフィズス菌を増加させる効果のあるものはグルコン酸だけです。そして、ビフィズス菌が増加すればお腹の調...

粉ミルクには、腸の中の善玉菌を増加させる効果があります。粉ミルクダイエットでは、そんな完全栄養食である粉ミルクを活用して、無理のない減量を目指す痩せる方法です。【粉ミルクの魅力】粉ミルクは、栄養の偏りが無い完全栄養食であり、その上安全性も高いです。粉ミルクには、腸の中の善玉菌にあたる乳酸菌やビフィズス菌などを増加させ、免疫機能をアップしてくれる効果があります。そして、この効果によって抵抗能力が低い...

ビール酵母ダイエットの魅力は、空腹感が小さく、ストレスを感じにくい事です。その為、スムーズな痩せる方法といえます。【ビール酵母が持つダイエット作用】ビール酵母は、ビールを作る際に使う発酵菌であり、大麦のアミノ酸やミネラルなどを取り込みながら殖えていきます。発酵が完了した酵母は下に沈殿していき、上澄みが実際のビールとなります。その残りであるビール酵母は、これまでは家畜のエサなどとして使われてきました...

キチン・キトサンには脂肪を吸着する作用があります。キチン・キトサンダイエットではその作用で痩せる方法を行います。【キチン・キトサンのダイエット作用】キチンはカニやエビを代表として、多種多様な生物が持っている自然素材です。そして、きちんとアルカリ処理すると、キトサンが発生します。この2成分を総称して「キチン質」と言います。キチンは実に1年で1000億tも作られており、これを何とか活かそうと、農業や工...

グァバ葉ポリフェノールには、血糖値を低下させる作用があります。グァバダイエットでは、その作用を痩せる方法に活かします。【グァバ葉ポリフェノールのユニークな作用】ダイエットという観点で見れば、グァバの実よりも葉の部分の方が重要です。グァバの葉は渋みや苦みがあるので、食用には不向きですが、消化不全や下痢の改善効果が高いので、薬用として活用されてきました。また中国では、血糖値を低下させる事から、糖尿病の...

カルニチンには、脂肪酸と中性脂肪を燃焼させる作用があります。カルニチンダイエットでは、その作用を痩せる方法に活かします。【カルニチンの効果】カルニチンダイエットは、既に米国では多くの方が実践しています。米国においては、1日中車を運転している、デスクワークがメイン、運動に割く時間が無い、運動が嫌い、といった方達がカルニチンサプリを飲んでいるそうです。カルニチンは、必須アミノ酸の仲間であるメチオニンと...

ギムネマ・シルベスタには血糖値を低下させる作用があり、ギムネマ・シルベスタダイエットではその作用を痩せる方法に活かします。ちなみに、インドにおいては2千年ほど前から糖尿病治療に利用されてきました。【ギムネマ・シルベスタには甘みを感じさせなくする作用がある】ギムネマ・シルベスタは、ガガイモ科の植物であり、インドにおいては「糖を破壊するもの(グルマール)」と表現される事もあります。冒頭で、糖尿病治療に...

トウガラシなどが含有しているカプサイシンには脂肪を壊す作用があります。カプサイシンダイエットではその作用を痩せる方法にしっかりと活用します。【カプサイシンのダイエット作用】カプサイシンはトウガラシの辛味成分であり、ダイエット作用があります。トウガラシを摂取すると、すぐに体温が上がって発汗が多くなりますが、これはカプサイシンの効果です。カプサイシンを摂取すると小腸で吸収され血液に混ざり、脂肪を壊す効...

水をたくさん飲みながらご飯を食べれば、お通じが良くなり減量できます。ウォーターダイエットではその原理を活かします。【水を飲みながらご飯を食べる事の意味】水を飲みながらご飯を食べると、食事自体の時間が延び痩せる方法が可能になります。そうすると、血糖値の上がり方が穏やかになるので、インシュリンの生成が抑えられて脂肪が蓄積しにくくなるのです。また、水分自体が満腹感を助けますから、食事量の軽減にもつながり...