粉ミルクダイエットの紹介

粉ミルクには、腸の中の善玉菌を増加させる効果があります。粉ミルクダイエットでは、そんな完全栄養食である粉ミルクを活用して、無理のない減量を目指す痩せる方法です。

【粉ミルクの魅力】

粉ミルクは、栄養の偏りが無い完全栄養食であり、その上安全性も高いです。
粉ミルクには、腸の中の善玉菌にあたる乳酸菌やビフィズス菌などを増加させ、免疫機能をアップしてくれる効果があります。そして、この効果によって抵抗能力が低い乳幼児を疾患から保護してくれるのです。
もちろん、成人が粉ミルクを摂取した場合でも同じ働きを示してくれます。

乳幼児の便は、綺麗な黄色で臭いがあまりしませんが、これは腸の中のビフィズス菌が悪玉菌をブロックしてくれているからです。

ビフィズス菌の働きは、主に以下の通りです。

・腸の中での腐敗を防ぐ
・病原菌から身体を保護する
・ビタミンを作る
・腸の活動を促してお通じを良くする
・下痢の防止と改善作用がある
・発がん性物質を壊す


また、粉ミルクには腹持ちが良いという魅力もあります。粉ミルクを1杯摂取しただけでも、昼食まではそれほど空腹を感じないはずです。

そして、粉ミルクは60gで200キロカロリー程度しかありません。ですから、1日のどこかの1食を粉ミルクに置き換えるだけでも、カロリーカットになり減量できます。
さらに、粉ミルクには必須アミノ酸の「トリプトファン」もたくさん入っているので、ストレスやイライラ感を和らげる事が可能です。そのため、ダイエットに関するリバウンドを防ぐことも可能です。

【効果的な粉ミルクの摂取方法】

粉ミルクダイエットにおいては、1日1〜2食を粉ミルクのみにして、7日〜30日程度継続していきます。夕飯を粉ミルクに置き換えるのが一番効果的です。
さらに、手早く痩せたいのであれば、プチ断食として3日、粉ミルクのみで生活しましょう。この際、プチ断食の前後の日は、低脂肪・低カロリーで軽めの食事にしておく事が重要です。

具体的な飲み方ですが、大人向けのダイエット粉ミルクか、乳幼児用の粉ミルクを60〜65℃程度のお湯に60〜70g程度溶かして飲みましょう。
お腹を下してしまうのであれば、少しずつ粉ミルクの分量をカットしていき様子を見て下さい。

ミルクの匂いが気になる方は、抹茶、ココア、コーヒーなどを少し混ぜる事をお勧めします。

【粉ミルクダイエットの効果はどう表れるのか】

お通じと便の臭いが変化していきます。
腸の中に悪玉菌が多いと、便の臭いが強くなり、お通じも悪くなりますが、粉ミルクダイエットの効果がきちんと出ていれば、便の臭いが弱くなり、お通じも良くなっていくはずです。

関連ページ

低炭水化物ダイエットの紹介
低炭水化物ダイエットでは、GI値が60以下の炭水化物を摂取するように心がけるのがポイントです。その他、早食い、夕〜夜にかけての大食い等はしないようにしましょう。
豆乳ダイエットの紹介
豆乳ダイエットの最も基本的な方法は、毎日豆乳を1杯飲み、その分を通常のご飯と置き換えるという手法であり、非常にシンプルです。
黒酢ダイエットの紹介
黒酢ダイエットでは、ダイエット効果はもちろん、アンチエイジング効果や、疲れが溜まりにくい身体にしていく効果も期待できます。
コーヒーダイエットの紹介
コーヒーダイエットでは1日5カップ前後コーヒーを飲み、カフェインの効果を上手に使います。体調不良を招く場合があるので、飲み過ぎには気を付けて下さい。
アミノ酸ダイエットの紹介
アミノ酸の脂肪燃焼力は高いです。アミノ酸ダイエットでは、アミノ酸のその能力を利用します。特に運動の前には出来るだけアミノ酸を摂るようにしましょう。
糖尿病食ダイエットの紹介
糖尿病食ダイエットでは、糖尿病患者向けの栄養の偏りが無く低カロリーの食事を、そのままダイエットに活かします。工夫次第で、きちんと満足できる食生活を送れます。
ファスティングダイエットの紹介
ファスティングダイエットでは、水とファスティングジュースだけを飲んで3日間過ごします。カロリーのあるジュースを飲めるので、それほど辛くはないはずです。
ハリウッドダイエットの紹介
ハリウッドダイエットはゾーンダイエットの別名であり、脂肪とたんぱく質と炭水化物一定の割合で摂り、肥満しにくい体質を目指します。
発芽玄米ダイエットの紹介
発芽玄米ダイエットでは、玄米よりも栄養価の高い発芽玄米を食べる事により減量を目指します。美味しいので、無理なく続けていけると思います。
キムチ納豆ダイエットの紹介
キムチ納豆ダイエットは、1日1回キムチ納豆を食べるというシンプルさが魅力です。乳酸菌と納豆菌の相乗作用が期待できる理に叶ったダイエット方法です。
ヨーグルトダイエットの紹介
ヨーグルトには体重と体脂肪率を下げる効果があります。ヨーグルトダイエットでは、その効果を有効活用していきます。1日500グラム程度が目安となります。
ハチミツダイエットの紹介
ハチミツダイエットには「グルコン酸などを効率よく摂取する」という意味があります。ただし、カロリーがそれなりにありますので、ヨーグルトなどを混ぜて食べましょう。
ビール酵母ダイエットの紹介
お腹で膨らんで満腹感をもたらすビール酵母を使ったダイエットの事を「ビール酵母」ダイエットと言います。ビール酵母はアルコールではないので安心です。
キチン・キトサンダイエットの紹介
キチン・キトサンダイエットでは、脂肪を吸着するキチン・キトサンを活用していきます。栄養不足に陥る可能性があるので、過剰摂取には注意しましょう。
グァバダイエットの紹介
グァバダイエットでは、グァバ葉のお茶を積極的に飲んでいきます。美味しくて安いので、無理なく続けていくことができるはずです。
カルニチンダイエットの紹介
カルニチンダイエットは、カルニチンの脂肪酸や中性脂肪を燃やす力に着目したダイエットです。食品だけで摂取するのは困難ですから、サプリを利用しましょう。
ギムネマ・シルベスタダイエットの紹介
ギムネマ・シルベスタには甘みを分からなくさせる効果があり、ギムネマ・シルベスタダイエットではその効果を利用して減量を目指します。
カプサイシンダイエットの紹介
カプサイシンダイエットでは、カプサイシンの脂肪分解パワーなどを活用します。ただ、胃を痛める可能性があるので、摂り過ぎには気を付けましょう。
ウォーターダイエットの紹介
ウォーターダイエットでは、水を多く飲みながら食事をして血糖値の上昇を抑えます。ミネラルやカルシウムが豊富な水を飲むとより効果的です。