ヨーグルトダイエットの紹介

ヨーグルトに入っているカルシウムには、脂肪を分解する効果があります。ヨーグルトダイエットではその効果を有効活用する痩せる方法です。

【ヨーグルトのダイエット作用】

ヨーグルトには乳酸菌が入っており、乳酸菌には整腸効果があります。
乳酸菌が腸の中の善玉菌の数を増加させて、腸内細菌の調和を保てるようになると、お通じが良くなり、お腹の中が常に綺麗になります。

ヨーグルトを摂取すると体重と体脂肪率が低下するという報告が世間を賑わわせました(2005年)。
普通、乳製品をたくさん食べると脂肪が増加すると見られていますが、ヨーグルトが含有しているカルシウムにはダイエット作用があり「乳製品を食べる」という行動を差し引いても、メリットの方が大きいという事が判明したのです。

ヨーグルトは、乳酸菌が発酵する途中で牛乳が含有しているタンパク質が壊され、乳酸とカルシウムが合体して「乳酸カルシウム」という消化吸収効率が高い物質に変化します。
このため、ヨーグルトのカルシウム吸収効率は牛乳に比べて上なのです。

身体の中にカルシウムがたくさんあれば、脂肪が増加しにくく脂肪も壊されやすくなるので、脂肪細胞が縮小していきます。
さらに、体内のカルシウムが豊富だと、脂肪がカルシウムと合体して便として外に出やすくなります。

【ヨーグルトと最適な食べ方】

1日当たり500g(=カルシウムは600mg程度入っています)のヨーグルトを食べるのがベストです。
一度に食べきらずに何度かに分けて摂取するのが最適です。朝200g、昼・夕に150gずつ、といった感じです。

さらに、ヨーグルトを用いれば「週末プチ断食」も可能です。
土日の3食を100〜120gの食べ切りの容量のプレーンヨーグルトのみにして、その他のミネラルやビタミンはサプリで補って、水をたくさん飲むのです。
前の金曜と次の月曜の食事は、和食メインで軽いものに留めておくのが大事です。

ヨーグルトダイエットにおいては、低糖・低脂肪のプレーンヨーグルトを食べましょう。
カルシウムに特化したヨーグルトも売られています。
また、付け合わせによってさらにヨーグルトの効果を高める事もできます。
一例として、食物繊維を増やしたければドライフルーツ、マグネシウムならばナッツ類などを混ぜると良いでしょう。

注意点として、腸が弱い方はゆっくりヨーグルトを食べるようにして下さい。乳酸菌などでお腹を下してしまう場合があります。
また、お腹を下し続けてしまう場合は、乳酸菌と体質の親和性が低い可能性が高いですので、別のヨーグルトに切り替えてみましょう。

関連ページ

低炭水化物ダイエットの紹介
低炭水化物ダイエットでは、GI値が60以下の炭水化物を摂取するように心がけるのがポイントです。その他、早食い、夕〜夜にかけての大食い等はしないようにしましょう。
豆乳ダイエットの紹介
豆乳ダイエットの最も基本的な方法は、毎日豆乳を1杯飲み、その分を通常のご飯と置き換えるという手法であり、非常にシンプルです。
黒酢ダイエットの紹介
黒酢ダイエットでは、ダイエット効果はもちろん、アンチエイジング効果や、疲れが溜まりにくい身体にしていく効果も期待できます。
コーヒーダイエットの紹介
コーヒーダイエットでは1日5カップ前後コーヒーを飲み、カフェインの効果を上手に使います。体調不良を招く場合があるので、飲み過ぎには気を付けて下さい。
アミノ酸ダイエットの紹介
アミノ酸の脂肪燃焼力は高いです。アミノ酸ダイエットでは、アミノ酸のその能力を利用します。特に運動の前には出来るだけアミノ酸を摂るようにしましょう。
糖尿病食ダイエットの紹介
糖尿病食ダイエットでは、糖尿病患者向けの栄養の偏りが無く低カロリーの食事を、そのままダイエットに活かします。工夫次第で、きちんと満足できる食生活を送れます。
ファスティングダイエットの紹介
ファスティングダイエットでは、水とファスティングジュースだけを飲んで3日間過ごします。カロリーのあるジュースを飲めるので、それほど辛くはないはずです。
ハリウッドダイエットの紹介
ハリウッドダイエットはゾーンダイエットの別名であり、脂肪とたんぱく質と炭水化物一定の割合で摂り、肥満しにくい体質を目指します。
発芽玄米ダイエットの紹介
発芽玄米ダイエットでは、玄米よりも栄養価の高い発芽玄米を食べる事により減量を目指します。美味しいので、無理なく続けていけると思います。
キムチ納豆ダイエットの紹介
キムチ納豆ダイエットは、1日1回キムチ納豆を食べるというシンプルさが魅力です。乳酸菌と納豆菌の相乗作用が期待できる理に叶ったダイエット方法です。
ハチミツダイエットの紹介
ハチミツダイエットには「グルコン酸などを効率よく摂取する」という意味があります。ただし、カロリーがそれなりにありますので、ヨーグルトなどを混ぜて食べましょう。
粉ミルクダイエットの紹介
「赤ちゃんのもの」というイメージが強い粉ミルクですが、実は「粉ミルクダイエット」に利用する事が可能です。栄養バランスに優れ、腹持ちの良い食材と言えます。
ビール酵母ダイエットの紹介
お腹で膨らんで満腹感をもたらすビール酵母を使ったダイエットの事を「ビール酵母」ダイエットと言います。ビール酵母はアルコールではないので安心です。
キチン・キトサンダイエットの紹介
キチン・キトサンダイエットでは、脂肪を吸着するキチン・キトサンを活用していきます。栄養不足に陥る可能性があるので、過剰摂取には注意しましょう。
グァバダイエットの紹介
グァバダイエットでは、グァバ葉のお茶を積極的に飲んでいきます。美味しくて安いので、無理なく続けていくことができるはずです。
カルニチンダイエットの紹介
カルニチンダイエットは、カルニチンの脂肪酸や中性脂肪を燃やす力に着目したダイエットです。食品だけで摂取するのは困難ですから、サプリを利用しましょう。
ギムネマ・シルベスタダイエットの紹介
ギムネマ・シルベスタには甘みを分からなくさせる効果があり、ギムネマ・シルベスタダイエットではその効果を利用して減量を目指します。
カプサイシンダイエットの紹介
カプサイシンダイエットでは、カプサイシンの脂肪分解パワーなどを活用します。ただ、胃を痛める可能性があるので、摂り過ぎには気を付けましょう。
ウォーターダイエットの紹介
ウォーターダイエットでは、水を多く飲みながら食事をして血糖値の上昇を抑えます。ミネラルやカルシウムが豊富な水を飲むとより効果的です。