EMSダイエットの紹介

医療用ダイエット機器を用いるEMSダイエットというものが存在します。よく深夜の番組で紹介されている痩せる方法ですね!!

【EMSには電流で筋肉を刺激する作用がある】

EMS(エレクトリカル・マッスル・スティミュレーション)には、筋肉に電流をダイレクトに流す効果があります。筋肉は電流に不随意反応を示しますから、自然と運動と同じ効果を得る事ができます。

元来は、スポーツ選手の筋トレ目的、高齢・怪我・疾患等で身体が動かせない方のリハビリ目的で生み出されました。
ドイツの大規模医療機器開発会社である「シーメンス社」のステレオダイネーターなどが有名です。

国内では、ジムや整骨院やダイエット外来のある病院等で取り入れられており、かなりの力を発揮しているようです。

【家庭用EMS機器の作用】

開発会社のテストにより、腰回りに引き締め作用と、体脂肪率を減らす作用がある事が判明しています。
人によっては、1回で腰回りが3cmも細くなったという例さえあります。

家庭用EMSの場合、値段的には14〜15万くらいからであり、各メーカーから多種多様なものが出回っています。
ただ、粗悪品も売られているそうですから、よくチェックするようにしましょう。

率直に言って、値が張れば張るほどよく効きますし、安ければ安いほど効きにくいです。
病院でのEMSは大抵300万を超えるので、それと同じだけの作用を得るのは現実的ではありません。
ただ、元来医療用なのですから、そこそこの値段の機器を適切に使えば十分な作用が望めます。

【毎日コツコツ、がポイント】

筋肉を動かした後は、適度に休ませないと強くなりません。
ですから、長時間使用してもほぼ意味はありません。

とはいえ、効いたからといってすぐにストップするのも良くありません。すぐに、元の状態に回帰してしまうので注意してください。
毎日コツコツ行う事がポイントです。

また、機器を付けたまま就寝する方もいますが、これは効くように思えて、むしろかなりの逆効果になりますので厳禁です。
脂肪が燃焼しやすくなる事に間違いはありませんが、筋肉が固まったままですから副交感神経が優勢になりにくく、眠りが浅くなってしまう可能性が高いです。
また、眠っている時に出る大切なホルモンの量も激減してしまいます。

関連ページ

パワーヨガダイエットの紹介
パワーヨガダイエットでは、通常のヨガとは少々異なる方法で減量を目指します。比較的簡単に集中状態に入る事ができるので、精神面でのメリットも大きいです。
骨盤矯正ダイエットの紹介
骨盤矯正ダイエットでは、骨盤の歪みを正す事によりダイエットをしていきます。ダイエットの事は抜きにしても、骨盤の歪みは百害あって一利なしなので気を付けましょう。
耳ツボダイエットの紹介
耳ツボダイエットでは、耳にある食欲軽減のツボなどを押してダイエットしていきます。ダイエット以外の効果も様々に期待できます。
ピラテスダイエットの紹介
ピラテスダイエットは、姿勢を正して適切な呼吸法を取るだけのダイエット方法です。激しい運動をせず、誰でも無理なく継続できるというメリットがあります。
バランスボールダイエットの紹介
バランスボールダイエットでは、医療用バランスボールを使って、インナーマッスルなどを鍛えて減量を目指します。かなり楽しいダイエット方法として有名です。
くびれストレッチダイエットの紹介
くびれストレッチダイエットは1日1分を5セットで完結し、どこでも行えるハードルの低いダイエット方法です。特に食前に行うと効果的です。
アイソメトリックスダイエットの紹介
アイソメトリックスダイエットは、気になる場所を引き締める事のできる手法です。関節を痛めたり、筋肉痛に襲われたりしにくいというメリットもあります。
時間差ダイエットの紹介
時間差ダイエットでは、食事やシャワーなどの「時間」や「タイミング」を変える事だけで、減量を目指します。何かを「やめる」ダイエットとは一線を画します。
呼吸法ダイエットの紹介
呼吸法ダイエットでは、適切な呼吸方法を実践する事によって減量を目指します。楽しみつつリラックスしながら行える、人気のダイエット方法です。
後ろ歩きダイエットの紹介
後ろ歩きダイエットには「普段動かさない筋肉を動かす」という意味があります。危険ですから、プールなどで行うと良いでしょう。
ストレッチスリッパダイエットの紹介
ストレッチスリッパダイエットでは、ダイエット効果のあるスリッパを履いて減量を目指します。履きっぱなしは良くないので、気を付けて行いましょう。