くびれストレッチダイエットの紹介

シンプルなストレッチで基礎代謝を向上させて、くびれを作っていく減量手段の痩せる方法を「くびれストレッチダイエット」と言います。

【基礎代謝とくびれの関わり】

くびれは、特に女性にとっては重要な要素だと思います。
二の腕、バスト、腰回り、お尻、太もも、足首……など、くびれを作る事ができれば、美しい体型をキープ可能です。
このくびれは、身体に負担を与えるストレッチで局所的に筋肉を引き締めれば、作る事が出来ます。


このストレッチでは、基礎代謝を意識する事が重要です。
基礎代謝とは、何もしなくても生きているだけで消費されるエネルギーの事を指し、1日1300キロカロリー〜1600キロカロリーであると見られています。
そして、20代を境に基礎代謝は減っていきます。
また、女性は男性よりも体脂肪率が高いので、基礎代謝の平均値は低くなっています。

【肥満になりがちな人と、そうでない人の差は?】

同様の運動をして同様の食事をしていても、肥満になる方とそうでない方に分かれますが、これは基礎代謝の差によるところが大きいです。
お察しの通り、基礎代謝が高いと肥満になりにくく、低いと肥満になりやすいという事です。

この基礎代謝の38パーセント前後は、筋肉の動作によって行われています。
言うまでもなく、筋肉は身体中に存在しますから、特定の部位の筋肉を柔らかくすれば、そこの基礎代謝が上昇し、脂肪が蓄積しにくくなるのです。

逆に筋肉が硬くなると、縮こまった筋肉が血管を押さえつけるので、糖質や酸素の筋肉への供給効率が下がってしまいます。
こうなると、筋肉はさらに動作しにくくなりますので、基礎代謝は下がっていく一方です。

代謝し切れなかったエネルギーは、体脂肪として溜まっていってしまいます。
ですから、基礎代謝を向上させる事は非常に大切です。

【ストレッチで基礎代謝を上げるには】

引き締めたい筋肉に軽度の負担を掛けて緊張させ、少し経ってから可能な限り伸ばすというのが基本です。
分かりやすく言えば、短時間力を入れて、少し経ってから緊張を解くのです。

腰回りのみならず、様々な場所で行えます。
お尻で行えばヒップアップになりますし、ふくらはぎで行えば美脚作りになりますし、肩の内側の細かい筋肉で行えば、肩こりの改善効果が期待できます。

このストレッチは、1回60秒で済みますし、いつでもどこでも可能なので非常に簡単です。
起床直後、出勤前、お昼ごはんの前後、3時の休憩時、退社の前、帰宅してすぐ、夕ご飯の前後、寝る前など、少なくとも1日5回は行うようにしましょう。
食事の直前に実行すると、交感神経が優位になり、食欲が軽減されますので、代謝がアップします。

関連ページ

パワーヨガダイエットの紹介
パワーヨガダイエットでは、通常のヨガとは少々異なる方法で減量を目指します。比較的簡単に集中状態に入る事ができるので、精神面でのメリットも大きいです。
骨盤矯正ダイエットの紹介
骨盤矯正ダイエットでは、骨盤の歪みを正す事によりダイエットをしていきます。ダイエットの事は抜きにしても、骨盤の歪みは百害あって一利なしなので気を付けましょう。
耳ツボダイエットの紹介
耳ツボダイエットでは、耳にある食欲軽減のツボなどを押してダイエットしていきます。ダイエット以外の効果も様々に期待できます。
ピラテスダイエットの紹介
ピラテスダイエットは、姿勢を正して適切な呼吸法を取るだけのダイエット方法です。激しい運動をせず、誰でも無理なく継続できるというメリットがあります。
バランスボールダイエットの紹介
バランスボールダイエットでは、医療用バランスボールを使って、インナーマッスルなどを鍛えて減量を目指します。かなり楽しいダイエット方法として有名です。
アイソメトリックスダイエットの紹介
アイソメトリックスダイエットは、気になる場所を引き締める事のできる手法です。関節を痛めたり、筋肉痛に襲われたりしにくいというメリットもあります。
時間差ダイエットの紹介
時間差ダイエットでは、食事やシャワーなどの「時間」や「タイミング」を変える事だけで、減量を目指します。何かを「やめる」ダイエットとは一線を画します。
呼吸法ダイエットの紹介
呼吸法ダイエットでは、適切な呼吸方法を実践する事によって減量を目指します。楽しみつつリラックスしながら行える、人気のダイエット方法です。
後ろ歩きダイエットの紹介
後ろ歩きダイエットには「普段動かさない筋肉を動かす」という意味があります。危険ですから、プールなどで行うと良いでしょう。
ストレッチスリッパダイエットの紹介
ストレッチスリッパダイエットでは、ダイエット効果のあるスリッパを履いて減量を目指します。履きっぱなしは良くないので、気を付けて行いましょう。
EMSダイエットの紹介
EMSダイエットでは、特殊な機械を使う事によって、筋肉に電気を流して減量を目指します。使い過ぎても意味はありませんので注意しましょう。