耳ツボダイエットの紹介

食欲を軽減するツボがありますので、耳ツボダイエットではそのツボを利用します。無理なく肥満になりにくい体質にしていくことが可能な痩せる方法です。

【ツボと色々な組織や器官との関係性】

東洋医学のフィールドでは、全身の調和を保つ経路の事を「経絡(けいらく)」と呼び、その経絡に従って、一番強い反応を見せる場所こそがツボです。
人体には1000を超えるツボが存在し、特に耳、手の甲、足の裏に多いです。

そして、あらゆるツボが神経、筋肉、内臓等、色々な組織や器官と深く関わっており、ツボを押す事によって、それらの組織や器官が活性化して状態が良くなっていきます。

【耳ツボダイエットの行い方】

耳に存在する食欲を軽減させるツボ等を押していきます。
クリニックに行けば、専用のシールや針で押してもらえますが、自分の指で押す事も十分可能です。

ツボ刺激そのものには、強いダイエット効果はありませんが、食欲を無理なく和らげる事ができますし、消化器系の動きが活発になりますから、肥満しにくい体質になっていきます。

@ 耳ツボは狭いので、鏡で確認しながら刺激すると良い
A 1回に5秒〜8秒程度押す
B 徐々に力を込めていき、少し痛くなってきたら徐々に力を抜いていく
C これを3セット前後行う
D 毎日、食事の30分程度前に押すと良い

【ダイエット作用のある耳ツボ7選】

耳には150ものツボが存在します。自律神経に効果的にアプローチするツボが多いですし、耳ツボを押すメリットは大きいです。
その中でも以下の7種の耳ツボには、ダイエット作用があります。

・飢点(きてん)
食欲軽減のツボ。押してもつまんでも良い。

・内分泌(ないぶんぴ)
ホルモンバランスを整え、生理不順を治す。太りにくくする作用がある。

・肺(はい)
食欲軽減のツボ。脂肪をエネルギーに変えやすくする効果がある。
さらに、呼吸器系の肺機能を良くする作用もある。

・噴門(ふんもん)
胃の機能を安定させて、消化吸収効率を上げる

・食道(しょくどう)
膵臓、肝臓、腸、胃等の働きを安定させ、肥満になりにくい体質にしてくれる。

・胃(い)

消化促進のツボ。空腹が原因の不快感や腹痛を軽減する。

・神門(しんもん)
メンタルを安定させるツボ。ストレス等が原因のイライラ感を解消する。

関連ページ

パワーヨガダイエットの紹介
パワーヨガダイエットでは、通常のヨガとは少々異なる方法で減量を目指します。比較的簡単に集中状態に入る事ができるので、精神面でのメリットも大きいです。
骨盤矯正ダイエットの紹介
骨盤矯正ダイエットでは、骨盤の歪みを正す事によりダイエットをしていきます。ダイエットの事は抜きにしても、骨盤の歪みは百害あって一利なしなので気を付けましょう。
ピラテスダイエットの紹介
ピラテスダイエットは、姿勢を正して適切な呼吸法を取るだけのダイエット方法です。激しい運動をせず、誰でも無理なく継続できるというメリットがあります。
バランスボールダイエットの紹介
バランスボールダイエットでは、医療用バランスボールを使って、インナーマッスルなどを鍛えて減量を目指します。かなり楽しいダイエット方法として有名です。
くびれストレッチダイエットの紹介
くびれストレッチダイエットは1日1分を5セットで完結し、どこでも行えるハードルの低いダイエット方法です。特に食前に行うと効果的です。
アイソメトリックスダイエットの紹介
アイソメトリックスダイエットは、気になる場所を引き締める事のできる手法です。関節を痛めたり、筋肉痛に襲われたりしにくいというメリットもあります。
時間差ダイエットの紹介
時間差ダイエットでは、食事やシャワーなどの「時間」や「タイミング」を変える事だけで、減量を目指します。何かを「やめる」ダイエットとは一線を画します。
呼吸法ダイエットの紹介
呼吸法ダイエットでは、適切な呼吸方法を実践する事によって減量を目指します。楽しみつつリラックスしながら行える、人気のダイエット方法です。
後ろ歩きダイエットの紹介
後ろ歩きダイエットには「普段動かさない筋肉を動かす」という意味があります。危険ですから、プールなどで行うと良いでしょう。
ストレッチスリッパダイエットの紹介
ストレッチスリッパダイエットでは、ダイエット効果のあるスリッパを履いて減量を目指します。履きっぱなしは良くないので、気を付けて行いましょう。
EMSダイエットの紹介
EMSダイエットでは、特殊な機械を使う事によって、筋肉に電気を流して減量を目指します。使い過ぎても意味はありませんので注意しましょう。