後ろ歩きダイエットの紹介

後ろ歩きをすると、いつもは使わない筋肉が刺激されるので、GLUT4(グルット・フォー)が活性化して脂肪が減少します。後ろ歩きダイエットでは、その効果を活かした痩せる方法です。

【GLUT4の動きとは】

後ろ歩きをすると、普段なかなか動かさないお尻やももの内側の筋肉に刺激を加える事になります。
これによって、筋肉内にブドウ糖を高効率で取り込んでくれるGLUT4(たんぱく質の一種)が活性化するので、ダイエット作用が期待できます。

いつもあまり動かさない筋肉が動くと、GLUT4が表面に表れやすくなります。
刺激を加え続けると、GLUT4の量も増加してくるので、どんどんブドウ糖を取り込む効率が上がっていきます。
いつも動かしている筋肉の場合は、どれだけ動かしてもほぼGLUT4には働きかける事ができません。

筋肉に高効率でブドウ糖が供給されるとエネルギーに変換されやすいです。さらに、ブドウ糖がグリコーゲンとなって筋肉内に取り込まれるので、筋肉量がアップして強くなっていきます。
筋肉量がアップすると、脂肪の燃焼効率も上がり、エネルギー効率もアップします。

【後ろ歩きの行い方】

後ろ歩きの燃焼効率と筋肉への刺激量は優れていますから、通常のウォーキングの半分程度の時間でOKです。
後ろ歩きは当然危険ですから、プールで行うのがベストです。水圧が加わりますので、さらにエネルギーの消費量がアップします。

そして、可能な限り膝を高く上げるようにする事がポイントです。
後ろ歩きの場合、自然と歩幅が狭くなりがちですし、足も上がりにくくなってしまうのです。

【サイドステッパーを活用する】

近頃注目が集まっているサイドステッパーも、普段動かさない筋肉に刺激を加える際には役立ちます。
サイドステッパーは、背筋運動、腹筋運動、サイドステップ等の理論を活かした健康器具です。

ペダルを踏むと、上下左右に動作します。
ふくらはぎ、外もも、内もも、お尻、腰回りなどをメインとして、身体中の筋肉を鍛える事が可能です。

ペダルを踏むたびに、ペダルが外側にスライドして、腰回りがねじれてお腹の筋肉に強い刺激が加わります。
それと共に、お尻からふくらはぎにかけての筋肉も強くなっていきます。

関連ページ

パワーヨガダイエットの紹介
パワーヨガダイエットでは、通常のヨガとは少々異なる方法で減量を目指します。比較的簡単に集中状態に入る事ができるので、精神面でのメリットも大きいです。
骨盤矯正ダイエットの紹介
骨盤矯正ダイエットでは、骨盤の歪みを正す事によりダイエットをしていきます。ダイエットの事は抜きにしても、骨盤の歪みは百害あって一利なしなので気を付けましょう。
耳ツボダイエットの紹介
耳ツボダイエットでは、耳にある食欲軽減のツボなどを押してダイエットしていきます。ダイエット以外の効果も様々に期待できます。
ピラテスダイエットの紹介
ピラテスダイエットは、姿勢を正して適切な呼吸法を取るだけのダイエット方法です。激しい運動をせず、誰でも無理なく継続できるというメリットがあります。
バランスボールダイエットの紹介
バランスボールダイエットでは、医療用バランスボールを使って、インナーマッスルなどを鍛えて減量を目指します。かなり楽しいダイエット方法として有名です。
くびれストレッチダイエットの紹介
くびれストレッチダイエットは1日1分を5セットで完結し、どこでも行えるハードルの低いダイエット方法です。特に食前に行うと効果的です。
アイソメトリックスダイエットの紹介
アイソメトリックスダイエットは、気になる場所を引き締める事のできる手法です。関節を痛めたり、筋肉痛に襲われたりしにくいというメリットもあります。
時間差ダイエットの紹介
時間差ダイエットでは、食事やシャワーなどの「時間」や「タイミング」を変える事だけで、減量を目指します。何かを「やめる」ダイエットとは一線を画します。
呼吸法ダイエットの紹介
呼吸法ダイエットでは、適切な呼吸方法を実践する事によって減量を目指します。楽しみつつリラックスしながら行える、人気のダイエット方法です。
ストレッチスリッパダイエットの紹介
ストレッチスリッパダイエットでは、ダイエット効果のあるスリッパを履いて減量を目指します。履きっぱなしは良くないので、気を付けて行いましょう。
EMSダイエットの紹介
EMSダイエットでは、特殊な機械を使う事によって、筋肉に電気を流して減量を目指します。使い過ぎても意味はありませんので注意しましょう。