時間差ダイエットの紹介

同じ分量を食べるにしても、その順序や時間をコントロールすると減量効果が期待できます。時間差ダイエットでは、その効果を引き出す痩せる方法です。

【ダイエットに良い時間差とは】

食べる分量は同じままで、食べる順序を見直したり、生活習慣を改善したりしてダイエットしていきます。
時間もお金も掛からない手法です。

【糖質をグリコーゲンに変化させる時間差】

1日3食必ず食べている方は、食前に運動を行ってみて下さい。
食事で摂取した糖質はグリコーゲンに変化して筋肉内に溜まっていきますが、筋肉の容量をオーバーしてしまうと脂肪として蓄積してしまいます。

お腹が空いている時に運動すると、筋肉のグリコーゲンがエネルギーになってくれるので、筋肉内に余裕が生まれます。
運動してから食事を行うと、余裕が生まれた分グリコーゲンの蓄積可能量が増加するので、脂肪が蓄積しにくくなるのです。

【血糖値の上昇速度を遅くする時間差】

早食い気味の方は、意図的にゆっくり食事してみて下さい。
そうすると血糖値の上昇速度が遅くなるので、インシュリンの生成が抑えられて、体脂肪が増加しにくくなります。
血糖値が最大値まで上がるのには20分前後要しますから、食事時間も20分以上は確保しましょう。

【副交感神経の休眠時間を活用する】

夜食をよく食べる方は、代わりに日中に間食するようにしましょう。
夜間は副交感神経が優位になり、インシュリンの生成量が多くなるので、食品が体脂肪として溜まりやすくなります。
逆に、日中は交感神経が優位であり内臓が元気ですから、間食をしたところで、少しくらいであれば体脂肪にならずにエネルギーになってくれます。

【夕飯後30分以内にシャワーを浴びる】

睡眠の直前にシャワーをしているのであれば、それを夕飯後30分以内のタイミングに変えてみましょう。
そのタイミングで42℃程度の熱めのお湯を浴びると、日中と同じく交感神経が優位になります。
すると、内臓が元気になるので、摂取したものがエネルギーになりやすくなります。

夕ごはんの際は副交感神経が優位になるので、血糖値が上昇してインシュリンの生成量が増えて、摂取したものが脂肪として溜まりやすくなります。
夕ご飯の前後に、ぬるめのお湯で入浴して「落ち着いて」しまうと、副交感神経が余計に優位になってしまいます。

関連ページ

パワーヨガダイエットの紹介
パワーヨガダイエットでは、通常のヨガとは少々異なる方法で減量を目指します。比較的簡単に集中状態に入る事ができるので、精神面でのメリットも大きいです。
骨盤矯正ダイエットの紹介
骨盤矯正ダイエットでは、骨盤の歪みを正す事によりダイエットをしていきます。ダイエットの事は抜きにしても、骨盤の歪みは百害あって一利なしなので気を付けましょう。
耳ツボダイエットの紹介
耳ツボダイエットでは、耳にある食欲軽減のツボなどを押してダイエットしていきます。ダイエット以外の効果も様々に期待できます。
ピラテスダイエットの紹介
ピラテスダイエットは、姿勢を正して適切な呼吸法を取るだけのダイエット方法です。激しい運動をせず、誰でも無理なく継続できるというメリットがあります。
バランスボールダイエットの紹介
バランスボールダイエットでは、医療用バランスボールを使って、インナーマッスルなどを鍛えて減量を目指します。かなり楽しいダイエット方法として有名です。
くびれストレッチダイエットの紹介
くびれストレッチダイエットは1日1分を5セットで完結し、どこでも行えるハードルの低いダイエット方法です。特に食前に行うと効果的です。
アイソメトリックスダイエットの紹介
アイソメトリックスダイエットは、気になる場所を引き締める事のできる手法です。関節を痛めたり、筋肉痛に襲われたりしにくいというメリットもあります。
呼吸法ダイエットの紹介
呼吸法ダイエットでは、適切な呼吸方法を実践する事によって減量を目指します。楽しみつつリラックスしながら行える、人気のダイエット方法です。
後ろ歩きダイエットの紹介
後ろ歩きダイエットには「普段動かさない筋肉を動かす」という意味があります。危険ですから、プールなどで行うと良いでしょう。
ストレッチスリッパダイエットの紹介
ストレッチスリッパダイエットでは、ダイエット効果のあるスリッパを履いて減量を目指します。履きっぱなしは良くないので、気を付けて行いましょう。
EMSダイエットの紹介
EMSダイエットでは、特殊な機械を使う事によって、筋肉に電気を流して減量を目指します。使い過ぎても意味はありませんので注意しましょう。